100%国産天然原料使用の無添加生せっけん【乳化・なませっけん】
無添加石鹸の乳化・なませっけんの成分 無添加石鹸に使用しているグレープフルーツ種子抽出物とは 無添加石鹸の乳化・なませっけんの製法 無添加石鹸の製品表記事項
無添加石鹸のお客様アンケート 無添加石鹸へのお客様からのお便り 無添加石鹸へのお客様の声 無添加石鹸の泡立て動画

♦せっけんの歴史♦

 

 

【せっけんの誕生】

 

せっけんの誕生を知るとなると、今から5000年前の紀元前2800年頃まで遡らなければなりません。古代ローマの時代に、サポーと呼ばれる丘の神殿で、いけにえの羊を焼いて神へのお供え物とする風習がありました。

 

その羊を焼いている最中に、油(脂肪)がしたたり落ち、木の灰が混ざって流れ込んだ川で洗い物をすると、汚れ落ちがいいということが発見されました。

 

これが、せっけんの誕生です。せっけんは、英語でソープといいますが、それはこの丘の神殿の名前からとったといわれています。

 

【せっけん誕生のその後】

 

その後、8世紀頃に現在のスペインであるイスパニアやイタリアで、家内工業としてせっけん作りが定着しました。専門のせっけん職人もいらっしゃったようです。

 

この頃のせっけんは、軟せっけんで、柔らかくて扱いにくく、かなりの臭いも発してしました。12世紀頃になると、硬せっけんが工業的に作られ、固くて扱いやすく、また臭いもないことからヨーロッパで人気となりました。

 

【日本のせっけんの歴史】

 

日本にせっけんが初めて入ってきたのは、16世紀頃のことです。室町時代末期の頃で、鉄砲の伝来と一緒に伝わりました。当時のせっけんは、大変貴重で将軍や大名など一部の権力者だけが使用していました。

 

19世紀にフランスの科学者であるシェブルールにより、脂肪酸とソーダが結びつくことでせっけんになることが発見されてからは、日本で原料が手に入りやすいということもあり、大量に製造されるようになりました。一部の権力者だけでなく、庶民にも広がっていき、使用されるようになりました。

 

歴史を知ることで、よりせっけんが特別なものになったような気がしませんか。せっけんを購入するなら、当店で無添加生せっけんを販売していますので、お買い求め下さい。

 

無添加ということで、敏感肌や乾燥肌、アトピー性皮膚炎など肌トラブルを抱えている方、繊細な肌を持つ赤ちゃんにも安心してご使用頂けると思います。

 

<< メインページに戻る >>

店長紹介

井上泰宏

皆さん、こんにちは! サニファショップの井上泰宏です。サニファショップでは、水の技術が活かされた「人にやさしい商品」をお届けしています。100%国産天然原料の無添加生せっけんやミネラル豊富な健康サポート飲料、薬品を一切使用していない除菌・消臭ツールなど、お薦めの商品だけをご案内しています。ぜひお試しください(^^)/

Blog

Mobile

営業日

2019年11月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
2019年12月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
赤:休業日

  • 休業日はお問合せへの返信/発送作業をお休みさせて頂きます。
  • オンラインでのご注文は24時間/365日承っています。