100%国産天然原料使用の無添加生せっけん【乳化・なませっけん】
無添加石鹸の乳化・なませっけんの成分 無添加石鹸に使用しているグレープフルーツ種子抽出物とは 無添加石鹸の乳化・なませっけんの製法 無添加石鹸の製品表記事項
無添加石鹸のお客様アンケート 無添加石鹸へのお客様からのお便り 無添加石鹸へのお客様の声 無添加石鹸の泡立て動画

苛性ソーダと石鹸の関係



■苛性ソーダって何?


 苛性ソーダ(水酸化ナトリウム)は劇物として知られています。直接触れると火傷したり、化学反応でガスを発生させたりするので、取り扱うのにはとても危険な代物です。なので、手作り石鹸を作ろうと思っても薬局などでは簡単に売ってもらえません。

 では、そんなに危険な苛性ソーダを使って、毎日身体に触れる石鹸を作っても大丈夫なの?という疑問を感じる方も大勢いらっしゃるでしょう。苛性ソーダを使っているなんて危険なものは使うべきじゃないと思ってしまう方もいるかもしれませんね。また、苛性ソーダを使っているのに無添加とは何事かとか。。。

 肌が荒れる原因が苛性ソーダにあるのではないか・・・苛性ソーダ自体の劇物性がそのように想像させるのは無理もありません。しかし、肌荒れの原因は苛性ソーダというよりは、他の石油系化学添加物や生活環境にあることの方が多いのです。

■苛性ソーダへの過剰な反応をする前に


 冷静になって考えて下さい。

 皆さん、石鹸をお使いになって火傷したことありますか? 使うと火傷する石鹸どこに売ってますか? 石鹸が爆発したことありますか? 間違いなくそんな石鹸見たことないですよね。メーカーだって、そんな殺人石鹸は販売できません・・・

 なぜ、苛性ソーダが石鹸作りに必要なのかというと、石鹸の素地は、脂肪酸(油脂)と苛性ソーダ(アルカリ)を反応(鹸化)させて固形化されているからです。

 石鹸を作る時に脂肪酸と苛性ソーダを「釜で茹でたり(炊き込み法)」、「撹拌したり(冷製法)」して鹸化させていきますが、この過程でほとんどの苛性ソーダは化学反応で変化し「脂肪酸ナトリウム」となって石鹸には残っていません。ほんの少し残っていたとしても石鹸の熟成期間に更に鹸化が進み、残っていた苛性ソーダは脂肪酸ナトリウムになるのと合わせ、水分と一緒に蒸発してしまいます。

■苛性ソーダの量と保湿力の関係


 冷製法(コールドプロセス)などで、保湿力を高めようとする石鹸は、苛性ソーダの分量を可能な限り少なくする為(ディスカウントと言います)、苛性ソーダが石鹸に残る確率が更に低くなります。少ない苛性ソーダの分量で鹸化を進めなければいけませんので撹拌も念入りに行われますし、脂肪酸の分量の方が多いため、化学反応せずに残った脂肪酸によって保湿性が高くなるというわけです。

■ご安心ください


 石鹸の出来栄えを食べて確認する職人さんもいらっしゃるくらいですから、石鹸には苛性ソーダは残らないという認識が正解だということです。苛性ソーダが残っていたら、この職人さん、とっくの昔に天国に行かれていることでしょう。


<<乳化・なませっけんメインページに戻る>>

店長紹介

井上泰宏

皆さん、こんにちは! サニファショップの井上泰宏です。サニファショップでは、水の技術が活かされた「人にやさしい商品」をお届けしています。100%国産天然原料の無添加生せっけんやミネラル豊富な健康サポート飲料、薬品を一切使用していない除菌・消臭ツールなど、お薦めの商品だけをご案内しています。ぜひお試しください(^^)/

Blog

Mobile

営業日

2019年5月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
2019年6月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30
赤:休業日

  • 休業日はお問合せへの返信/発送作業をお休みさせて頂きます。
  • オンラインでのご注文は24時間/365日承っています。